うつ病の種類を把握する【改善してSmileLife】

イスに座る女性

治療する

日本国内だけでもうつ病を発症する人は多いもので、年々増加傾向にみられます。
また種類も多数存在し、その中でも女性に多いものには産後うつ病が挙げられます。
産後うつ病は、出産をした女性に発症する病気になっており、生活が急に変化してしまうことやホルモンバランスの乱れが原因と考えられます。
出産した後はホルモンバランスの乱れや痛みなどからなかなか動けないため、自由に動くことが出来ない部分がストレスを溜め込んでしまうことがあります。
また、育児や家事などを旦那が積極的に手伝うことで産後うつ病を避けることも可能といえるでしょう。
産後うつ病は主に出産してから一ヶ月後に発症することが多いものの、数ヶ月や一年の間に治るものだといえます。
しかし、人によっては産後うつ病が治らずにうつ病に発展するケースもあるため十分に注意する必要があるといえるでしょう。

うつ病には様々な種類が存在しますが、産後うつ病などは時間が経過するに連れて治るものだといえます。
また、新型うつの場合は仕事や学校の授業間はうつ状態となり、休憩時間や放課後、休日など自分の楽しい時間には治まるという症状になっています。
基本的にはほとんどの人がそうなのですが、抑うつ状態が長期に渡って続いている人は少ないので特に問題はないといえるでしょう。
しかし、抑うつ状態が2週間以上続いて一時的に気分が良くなるという場合は新型うつに近いものだと考えられます。
うつ病には種類が多数存在するため一概にはいえないのですが、少しでも違和感がある場合は医療機関に相談することが早期回復に繋がるといえます。
また、うつ病にかかってしまった場合認めたくない部分もあると考えられますが、向き合うことで早い回復が期待出来るといえるでしょう。